人生やっぱり一本道

自分の日常のあれこれ、皆さんにお届けします!

正しいお金の稼ぎかた

本日もこんばんわ~!

仕事終わりのツネやんであります。

 

帰りの電車のなかでさくっとブログを書いてしまいましょう。

なんてったって片道一時間の通勤ですからね~。時間を有効活用しなくては。

 

 

なんで、こんなに元気にプログを投稿しだしたかというと、何故だか毎日このブログを見てくれてる方が多数いるからです。

最近は毎日10PVぐらい発生しています。全く投稿していなかった月でも0PVの日は殆どありませんでした。

 

これは記事のお陰なのか、はてなブログの設定なのか。まぁしかし通りすがりの観覧者を引き留められるような記事を描きたいです!

文字ばっかりでつまらないでしょうがおつきあいくださいませー!!!

 

 

さて、今日は「正しいお金の稼ぎかた」について考えていきたいと思います。

 

正直にいうと、答えはもうでています。

その答えは「無い」てす。

 

 

会社の一員となり給金貰いながら働くのも、自分がお店のオーナーとなり商品を売ってお金をもらう人も、はたまた持ち金を投資して利益を生む人も、パチンコで稼ぐ人も。

 

みんな違ってみんな良い。

では無いですけど、全部正しいお金の稼ぎ方だな。と今は思います。

 

 

最近私はお金の勉強をしようと思い本を読みあさっています。

最初に読んだのは「金持ち父さん、貧乏父さん」でした。この本は最初に少年のストーリーがありとても入りやすくて良かったです。

 

しかし、読み続けるにつれて話はどんどん大きくなり、会社を作ったりしちゃうので最初自分には関係ない世界だな。と思って読むのを途中でやめてしまいました。

 

お金とのつきあい方やお金持ちになるための心の作り方?なんかが書いてあって、初めはこの本の意見にとても興味をもち、友達にその話をしました。

 

しかし、自分の意見を聞いた友達には、お前はその本に洗脳されている。なんて言われてしまいました。

 

確かに、誰かの意見や信念に同調してしまうのは一種の洗脳状態にあるのかもしれません。しかし、こんな意見は次に読んだ本で解消されました。

 

 

次に読んだのはたまたま、テレビの番組で紹介されていた、「ブレインプログラミング」という本です。

 

この本の主題は、人間の脳みそにある「RAS :網様体」という組織の働きを解説した本です。その組織を上手く支配できれば、薔薇色人生間違いなし!みたいな内容です。

 

この本の、いやこれらの本が言わんとするところは、本当にやりたいことから目をそらさないことです。

 

 

私の中の写真の師匠はよくこう呟いていました。

「プロになるなら写真を撮りまくればいい」

ただこの一言です。

 

今は仕事をしていて趣味で写真を撮っている。しかしプロのカメラマン、写真家に興味がある。 そうしたら、選択は仕事か写真かです。

大抵の人はそんな時間はないと突っぱねるでしょう。自分もそういう人間でした。

 

この答えは間違いではありません。

しかし、なんでできない理由を探すのでしょう?

どうしたら写真をたくさんとる方法を探した方がその人にとって、とても楽しいことだと思うのです。

 

 

この、楽しい考え方が重要なんだ!

これまでの本を読み感じたことです。

 

 

人は知らぬ間に自分にストッパーをかけています。自分には関係ない、自分にはできないと。

 

お金持ちになるための第一歩は、そんなマイナスな感情を生まないようにすることです。不安や心配はいつもとなりあわせです。

ですが自分が楽しいと思うことでそれを覆ってしまえば、なんて素敵な人生でしょう!

 

あ、なんかこれ洗脳者っぽい!

 

 

まとめる

楽しいことを考える癖をつけよう!

その楽しいことが自分の仕事になれたなら、その人は心からお金持ちになると思います。

 

そう私は信じています。

 

以上。